「ベテ・シェメシュの人たちは言った。『だれが、この聖なる神、主の前に立つことができるだろう。私たちのところから、だれのところに上って行くのだろうか。』」(Ⅰサムエル6:20新改訳)ペリシテ人から返された神の契約の箱、大祭司以外は見ても触れてもならない聖櫃の内部を、ベテ・シェメシュの人々は覗いた。よほど見たかったのであろう。しかし、そのために神の怒りが臨み、七〇人が死んだ。「主はベテ・シェメシュの人たちを打たれた。主の箱の中を見たからである。主は、民のうち七十人を、すなわち、千人に五人を打たれた。主が民を激しく打たれたので、民は喪に服した」(19)▼人の持つ原罪の深さを示す一つが、「神の禁じたものを覗く」という行為である。そもそも至聖所に安置された聖櫃は、大祭司が年に一度だけ見ることをゆるされた(ヘブル9:7)のであり、その場合でも上のふた、つまり贖罪蓋を開けるなど絶対にしてはならなかった。ベテ・シェメシュ人はそれを破ったのである。▼ノアが酔いつぶれたとき、ハムの子カナンは祖父の裸体をのぞき、ノアから「カナンはのろわれよ」(創世記9:25)と言われた。思えば神の禁じたものを覗くという罪深さは、それ以来続いており、世界中に氾濫している。どれだけ現代人の心は汚れていることか。◆民数記には、かつてイスラエルが荒野で次の宿営地に移動するとき、モーセの幕屋をたたんで運ぶことについての規定が記されている(民数記4章)。まず大祭司アロンとその子ら、つまり祭司たちが聖所の中に入り(他の者たちが入ることは禁じられた)、至聖所と聖所を隔てる豪華な仕切りの垂れ幕を取り降ろし、契約の箱(あかしの箱、聖櫃ともいわれる)をおおった。そのあと、じゅごんの皮をもってそれをおおい、さらに真っ青な布を広げて被せた後、担ぎ棒を通し、運んだのだ。つまり箱は三重におおわれたわけである。このように幕屋をたたむとき、祭司たちが一瞬だけ外側を見ることができたもの、それが聖櫃であった。◆そして神殿内の聖具がすべ…《続きを読む》

メッセージ《いのりのともから》

詳しくはこちら

災害義援金のお願い

詳しくはこちら

青年全国大会から 597 日経過 NEXT 2022

詳しくはこちら

INFORMATION

基督兄弟団
新型コロナウィルスに関して
 新型コロナウィルス感染症の発生が報じられ、国内でも、多数感染者が報告されています。いたずらに不安をあおることは避けなければなりませんが、同時に常識的な感染予防措置をもって備えなければなりません。
 すでに、対策を取られている教会もおありでしょうが、以下に記すことをご留意ください。
通常の礼拝、祈祷会の集会について
①一般的な衛生対策として、咳エチケットに配慮し、手洗いを心がける。会堂等の入り口に、できる限り消毒薬等を設置する。
②体調不良、特に、発熱等疑いのある場合には、礼拝出席を控えていただく。
③礼拝中に必要な方はマスク着用を許可する。
備えとして
①実際に、感染者が発生した場合には、どうすべきか定例の役員会で事前に相談しておく。
②教会員、家族に感染者が出た場合には、総務局長までご連絡ください。
2020年度総会大会について
①春季全国大会は今回中止となります。第75総会のみ御茶ノ水クリスチャンセンターチャペルにて13:00よりいたします。
②そのため日本ホーリネス教団、台湾長老教会との総会での交流は取りやめとなりました。
③総会に出席される方はできるだけ、マスク等をご持参ください(購入可能であれば、総会時にも用意します)。消毒薬等も準備する予定です。

感染させている多くの方々の上に、またご家族の上に主の守りと支えがありますように祈ります。
先生方ならびにび御教会の上に主の守りと祝福がありますように祈りつつ…

栄光在主