「ですから、思い出してください。あなたがたはかつて、肉においては異邦人でした。人の手で肉に施された、いわゆる『割礼』を持つ人々からは、無割礼の者と呼ばれ、そのころは、キリストから遠く離れ、イスラエルの民から除外され、約束の契約については他国人で、この世にあって望みもなく、神もない者たちでした。」(エペソ2:11,12新改訳)私たち異邦人が、福音により救われる以前はどんな悲惨な状態にあったかを示した箇所。この世にあって望みもなく、神もないとは、生きているあいだも死んで葬られたあとも絶望以外、何も存在しない状態をいう。誤解してはならない、パウロは選民意識から高飛車に述べているのではなく、霊的真実を率直に述べているのである。その証拠に、たとえイスラエルであっても、イエス・キリストを信じなければ、割礼を受けていたとしても全くの絶望状態にある。その点では異邦人とおなじなのだ。▼わが国には八百万(やお…《続きを読む》

メッセージ《いのりのともから》

詳しくはこちら

新型コロナウイルスの感染に関するガイドライン/第3波に向けて

詳しくはこちら

青年全国大会2022まであと 101 日 NEXT 2022  

詳しくはこちら

INFORMATION

基督兄弟団

新型コロナウイルスからの癒しのために祈りましょう


「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
 わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」
イザヤ41:10
①まず、イエス・キリストにあって受けたあわれみと罪の赦しを神さまに感謝しましょう。静かに主があなたに良くしてくださったことに想い巡らしましょう。備えられているキリストの平和を受け取りましょう。
②私たちの家族、友人、隣人に神の守りと祝福がありますように。
③コロナウィルスに感染した人々が癒され、神さまを求め見いだすように。
④医療従事者の方々が守られ、強められ良き働きができますように。
⑤ウィルス学者、疫病学者に知恵が与えられ、1日も早くワクチンをはじめ、有効な治療薬を開発できますように。
⑥家族のっながりをもっていない人、家族から虐待されている人、強制的に孤立させられている人の不安を取り去り、神様の守りと救いがありますように。
⑦高齢者、病気の方、障がいを持った方が守られますように。
⑧感染爆発の地域で、しかも医療資源が限られている人々のために働いている緊急支援団体の必要が満たされますように。
⑨政府、地方自治体、世界リーダーが頭から知恵を与えられ、正しく責任を果たせますように。
⑩全ての人が神さまに立ち返り、より確かな土台、キリスト・イエスという岩の上に人生を建てることができますように。
⑪教会と宣教団体、信仰におけるリーダーたちが神様のみこころに適った判断と行動ができますように。

世界福音同盟より